心霊写真

No.7 2015-6-1

第7回 日光(にっこう)

前回のお話へ
次回のお話へ
日光で撮りました。一番右の霊体はすぐわかるでしょう?
手を洗っている人たちを見つめています。

ところが他の三体は心眼で見ないと見えないかも。あっ、でも難しくないよ。
子どもなら簡単にこれらの霊と接触出来る、さあ、彼らのメッセージは何かな?

 日光の裏山を歩いたのですが、歩いても歩いても東照宮(とうしょうぐう)に着かなかった。
浮遊霊はあちこちにいて、心霊写真の被写体となってくれました。ですが、体は
くたくた、。
最後には足が完全に棒だった。ぼーぜんとして前も後もわからず、カメラを手に
ふらふらと歩いていた記憶があります。

 お参りが終わり、駅についたらりんごを三個100円で売っていました。ひもじかった
宗優子は天の恵みのようにそれを買い、帰りの電車の中でかじりました。
生き返ったのでした。ありがたさをしみじみ感じつつ。それ以来、りんごには
頭が上がりません。


このページの先頭に戻る