心霊写真

No.4 20014-04-13

第004回 学者さん こんにちは

前回のお話へ
次回のお話へ
  

     クリックすると大きくなります。さあ、何がうつっているかな?


 これは、京都の北野天満宮(きたのてんまぐう)という
菅原道真(すがわらみちざね)をまつった神社でとった写真です。
もちろん、丸印の学者(がくしゃ)さんのようなおじさんは、じつざいの人ではありません。

菅原道真(すがわらみちざね)って人の名前、聞いたことあるかなあ、、。
頭の良い、学問が良く出来た人なので、天皇さまにかわいがられて、えらくなっていった人。

そしたら、他のせいじかの人が、ねたんで、菅原道真は、悪いことしていないのに、
えんざい(ほんとうは悪いことしていないのに、悪いことしていた、とつみをなすりつけること)
で、はなやかな京都から追い出されて、遠いところの役所の長官(ちょうかん)として行かされました。

だざいふという九州の土地ですが、そこで、菅原道真は、さびしく思いながら亡くなりました。

それから、京都の町には、天変地異(てんぺんちい)、雷、嵐が起こりました。

みんな、それは、遠いところの役所に行かされて亡くなった
菅原道真のたたりにちがいない、と感じました。

それで、北野天満宮(たのてんまぐう)を建てて、
学問が良く出来た菅原道真をまつったら、やっと天変地異はおさまったのでした。

げんざい、菅原道真をまつった神社は、てんじんさま、というなまえで全国各地にあります。

高校や大学のじゅけん生たちは、天神様(てんじんさま)に入試の合格きがんに良く行きます。
ご利益(ごりやく)があるかもしれませんよ。

そういう神社だから、
あらわれた霊も、がくしゃのような人なのかなあ、、と宗せんせいはおもしろく思いました。9-19-0430
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る