心霊写真

No.3 20014-02-23

第003回 この少年の正体は?

前回のお話へ
次回のお話へ
南蛮文化(なんばんぶんか)

 1500年代、くらいまでの日本は、外国にとってみりょくが無かったのか、
外国がおそって来る事も、商船(しょうせん・しょうばいをするふね)がみなとによることもありませんでした。

ところが、島根県(しまねけん)の岩見(いわみ)というところで、銀(ぎん)が取れることがわかると、
ポルトガルという国は、それがほしくてたまらなくなりました。

そのころ、日本に流れ着いたキリスト教の宣教師(せんきょうし・
日本のお寺のお坊さんのようなたちばの人)が本国のポルトガルに伝えたからです。
またたくまに他のヨーロッパの国々にも伝わりました。

日本にも商船がやって来て、
ヨーロッパの文化やめずらしいしなものをたくさん伝えました。

この頃のヨーロッパ人を日本人は南蛮人(,なんばんじん)と呼んでいましたから、
この文化を南蛮文化と言います。

カステラ、カルタなどは、その南蛮(なんばん)、
つまり、ヨーロッパから伝わったものなんですよ。

さて、キリスト教の宣教師(せんきょうし)、たとえば、フランシスコ・ザビエルさんが有名ですが、
その宣教師は、ちょうど、写真のようなふくそうをしていました。
でも、これは横向きで立っている少年です。

その頃、天正少年使節団(てんしょうしょうねんしせつだん)が組まれて、
少年たちがキリストきょうととなり、ヨーロッパを見聞(けんぶん・見たり聞いたりして学ぶ)に行きました。
彼らも写真のようなふくそうでした。

少年たちの胸は、喜びと未知なる世界へのこうきしんでいっぱいだったことでしょう。

このページの先頭に戻る