心霊写真

No.1 20014-01-13

第1回 江戸時代のペットが供養してる

前回のお話へ
次回のお話へ
第一回しつもん
         先生、霊(れい)って、ほんとうにいるんですか?

     お答え
      これからいろいろお話して行く間に君にも、霊のいるのが感じられるように
     なると良いな、、。
      今はまだ、みんなの前に霊くんを連れていっても、みんなには見えないでしょう?
     だから、心霊しゃしんで霊のすがたを見てね!

     宗せんせいさつえいの、とっておきのしゃしんですよ。

おさむらいさんがいた時代、だから100年以上前の時代には雨が
ふらなくて、イネが育たなくて、(ききん)と呼ばれるお米の取れない年
には、東北や地方のおひゃくしょうさんのむすめさんは江戸(東京にはたらき
に出されました。

 今の東京のあさくさなどです。

 かぞくとはなれてきびしい仕事に追われていたむすめさんたちは、
ちいさな動物に、そっと自分の食べ物を分けて、愛をそそぎました。
さびしかったのでしょう。

 でも、むすめさんたちは、はたらきすぎで、たいがい20才少しすぎで
死んでしまいました。

 動物たちはたいそう、悲しみました。その動物の気持が霊となって、
いまでもむすめさんたちがたくさんねむるおはかにはりついているのです。
ペットさんたちが娘さんの供養(くよう)をしている写真です。

 さあて、その動物がどこにいるか、わかったな?

 

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る