スピリチュアルキッズ

No.3 2014-08-04

第3回 「夢」の働き、「夢」の仕事

前回のお話へ
    
次回のお話へ

1  


   さて、夢のココロ(ドリームマインド)ははたらき者なんです。

   お仕事をしているんです。
   1.たとえば、あなたをいじめる子がいる。 1.いじめっ子は、どこからか飛んで来たポールが当たってコロンでしまう 夢を見る。
        

    2.あなたはウルトラマンなどのヒーローになった夢を見る。 これは、もう、いじめっこに負けないぞ、というココロですね。

     

   3.いじめっ子のカバンの夢を見たり、彼をあらわすおもちゃなどの夢を見る。
    それらは、ふつごうなことや、どうりに合わない事を心の奥にとじこめたり、他にてんかすることで、つらい君のココロを
    かいほうし、いやしているのです。カバンの夢などはいじめっ子を思い出したくないのに、思い出してしまうから、一部だけ
    を見る、ということでしょう。


   上の考えはフロイトさんですが、ユングさんは、こういうふうにも考えました。


「   夢って、現在、ココロに思っていることだけじゃなくて、もしかして、それは将来、起こって欲しい出来事や、未来を
   予知していることかも知れないよ」

   つまり、いじめっ子なんかボールに当たるだろう、とか、僕はウルトラマンみたいに強くなるだろう、という将来のよそくや希望、
   だと考えたのです。



   フロイトさん、ユングさんはココロはどういう働きをしているか調べる心理学者です。

     ではまた、次回にね。                                  3-2014-8-07-08-24-3034-

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る