子ども心理学

No.5 2015-04-1

第5回 夢の意味・心理学から

前回のお話へ
次回のお話へ
わたしたちはどうして夢をみるんだろう? フロイトさんは言いました。

    「そりゃあ、決まっているさ。人間の心の中には不満がいっぱいあるだろう。でも、はたせないじゃないか。
    それが、よっきゅう不満となって心にたまってしまう。寝ている時は、リラックスしているから、そのよっきゅう
    が出てしまうのさ」

    そして、フロイトさんは、下のような図で説明しました。

    人間の心には、(イド)という名前の欲望(よくぼう)ひそんでいるのさ。それを、いつもの自分の気持(エゴ)
    はその欲望をかなえようとしたり、我慢したりさせてる。
    もし、エゴががんばって、イド、つまり欲望を通そうとすると、スーパーエゴの気持が、
    「押さえるんだ。エゴ君、だめだよ」、ってね、がんばって、我慢させる。。

    「その心の底にあるイド、欲望とかほんのう、動物みたいに何か欲しがったり、がまんできない気持が夢
    に出てくるのさ」

    「だから、夢は君たちの心をカバーしてくれているんだよ。例えば、他人を傷つけちゃいけないよね。
    でも、いじわるされたら、しかえししたくなる。それがイド
    それをエゴは、したくてうずうず。もうちっとでしそうになると、スーパーエゴが、押さえるんだ」

    「でも、夢の中でスーパーマンになって、悪い奴をやっつけるのは、かまわない。夢にはそういう作用がある」

    とフロイトさんは言いながら、1900年に『夢判断・ゆめはんだん』という本を出しました。

    心の中の三つの秘密
    
    わがままな欲望(よくぼう)のイド君  ふだんはがまんしている僕は、エゴ
    エゴ君が動き出さないように見張っているスーパーエゴ

    
                   270401(0070725-4-1-all298)
    
た。
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る