子ども心理学

No.3 2014-02-23

第3-a回 錯視 答え

     
前回のお話へ
次回のお話へ

子ども心理学教室 .錯視(さくし)No.3の答え     前の質問ページ

  問1. 横線のA線とB線、どちらが長いかな?

答え これはミュラーリエルの図形と呼ばれています。
    A線とB線は同じ大きさなのに、はしっこで開かれているA線の方が長く見えますね。

問2. 斜め線のA線とB線はどちらが長いかな?

答え A、Bとも同じ長さです。ザンダーの平行四辺形と呼ばれています。
    どうして、そう見えるのか、まだ理由はかいめいされていません。
    
問3. だまし図みたい。ないはずのものが視えてしまう!!

解説 真ん中に三角形が見えませんか?でもほんとは三角形なんて描いてないん
    ですよ。ないはずのものがみえてしまう!!お化けみたいですね。

    三角形はりんかくもないし、周囲と色がちがうわけでもない、、、なんでぇ!?
    みえてしまうこの現象を「主観的りんかくせん」と呼びます。

    あなたが自ら、りんかくを感じてしまうのです。こころで見てしまうのです。
    
    イタリアのカニッサさんの作成した図です。
                     

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る