子ども心理学

No.2 2014-02-02

第2-a回 錯視 答え

    
次回のお話へ

子ども心理学教室 .錯視(さくし)No.2の答え

  問1   これは何に見えますか?

      解説   これは「ルビンのさかずき」と呼ばれる有名な絵です。

      さかずき、というのはお酒をつぐ入れものですが、たしかに、
      何か入れて飲んだり、人によってはくだものを入れる、うつわに見えますね。
      その人は白い部分を図、として見ていることになります。

      ところが、黒い部分を図として見てごらんなさい。人間が二人、向き合っているように見えますね。

      あなたはどちらに、先に気がついたかな?

      お腹のすいた人にはたべものを入れるうつわに見えるし、友達を思っている人には、おしゃべりする
      二人に見えるかも知れませんね。
      
  問2.  真ん中の四角は正方形である、いやきちんとした正方形でない
     
     
解説   真ん中の正方形は正しい正方形なのに、周囲の曲線により、曲がって
      見えてしまう、エーレンシュタインの図形です。

  問3.真ん中の横線2本は直線である、いや直線ではない。

      解説   これはへリング図形です。

      真ん中の2本はふつうに平行線なのに、真ん中がゆがんでみえてしまいます。
      じつは平行線です。2本の直線なのです。2本を取り囲む線が斜め、放射線のように角度を変えて
      延びているせいなのです。                     

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る