子ども心理学

No.1 2014-01-13

第1-a回 錯覚

前回のお話へ
次回のお話へ
子ども心理学教室その1.錯視(さくし)No.1の答え
        宗先生は大学て心理学(しんり学)の勉強をしました。人間の心のふしぎにいどむ心理学(しんりがく)、
         第一回は、人間の目もあてにならないぞ!!という不思議なテスト

        問1. 直線はどれでしょうか?
                  答え 実は全部、直線です。でも、ななめせんが横ぎっていると、そう見えないですね。

        問2. 左と右の丸群、中心の丸はどちらが大きいかな?
                   答え A、Bとも同じ大きさです。これはエビングハウスの図形です
                   Aの方が大きく見えますが、AB同じです。どうして錯覚(さっかく)してみえてしまうのでしょうか。                      どうしてかというと、周囲の円が真ん中より大きいと、真ん中の円は小さく見えてしまう、周囲の
                   円が真ん中より小さいと、真ん中の円は大きく見えてしまう、という目のさっかく、かんちがい、
                   を示しています。


            問3. 正方形にたて線、横線を入れました。どちらが太っちょさ        んで、どちらが背高(せいたか)さんに見えますか?
                  答え たてじまは太って見え、よこじまは背が高く(細く)見えますね。
                      これはヘルムホルツの正方形と言います。

                      どちらも同じ正方形に横線、縦線を入れただけです、高く見える、太く見える、は目の
                      さっかくです。
                      やせっ子さんはたてじまの服を着ると、ふとっちょさんに見えて、ふとっちょさんはよこじま
                       の服を着ると、やせて背が高く見えるかもね。

            ★このように物理的(ものがそんざいしている実態・じったい)の世界と視覚的世界にはズレがあります。
              つまり、実際に存在しているものを感じる(視える)のに、周囲の環境によって違って感じて、見えてしまう、、、
              とても大切な心理学ですね。   
                                                              質問へ戻る
                   

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る