妖怪おばばの怖い話

No.009 2014-03-23  妖怪おばばの怖い話

第9回 守護霊の不思議と損

前回のお話へ
次回のお話へ

前に、レイラインという、
 超能力者(ちょうのうりょくしゃ)や霊能者(れいのうしゃ)の会をやっていたこと、書きましたね。

そのころ、宗は、よその人の背中を見ていました。
つまり、しゅご霊やはいご霊を見ていたのです。

ある朝、駅の近くで、一人の中年の男性とすれちがいました。
その人、たいへん重いしょうがいを持っていました。
がいけんもそうでしたし、歩くのもらくではないらしく、いっしょうけんめい少しづつ、歩いていました。

通行人が、ちらっ、ちらっ、と見ていました。
 
人間は、ふだんとみなれないものに出会うと、こうきしんというだけでなく、つい見てしまうことがあります。
しつれいなことではありますが、動物的本能(どうぶつてきほんのう、、てきから身を守るために)、
ついたしゅうかんだと思います。

だから、そういうかたは、よその人からじろじろ見られるのがうっとおしいので、
外には出ないことが多いようですが、その人は、何か用事があったのでしょう。

宗は、その人のはいごの霊をつい、見てしまいました。
(悪いものがついているのだろうか、、だから、このような困ったじょうたいなのだろうか)
と思いながら、、、。

ところが、、びっくり!!

その人には、西洋の天使のような存在がついていたのです!
そして、その天使の回りは、かがやいていたのです。

どうして!?彼は神なの?天使なの?まさか、、、、。

そして、思い当たりました。
神様はもしかしたら、私たちをためしているのではないだろうか、、。
重いしょうがいを持った人たち、つまり(天使や神)に、人々が、どう接するか、、。

日ごろ、困ったことがあると神様を呼んで、たすけてもらおう、とする私たち。
でも、その反面、しょうがいを持った人たちに、かならずしもあたたかくせっしていない私たち。

まして、しょうがいを持った人たちをいじめていたら、神様をいじめていることになり、
損(そん)なことになります。

その後でも、心や体に障害(しょうがい)を持った人たちを (神に近いのかも)、
と、感じたけいけんがあるんですよ。                   (0050314-23)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る