妖怪おばばの怖い話

No.008 2014-03-09

第8回  戦争が終わって

前回のお話へ
次回のお話へ
 会いに来たのに

 みんなのおばあちゃんやおじいちゃんが子供の頃、日本はせんそうをしていました。

 いさましい日本は、「日本はかみさまの国だぞ、日本はぜったい勝つぞ」とえばって、世界を相手にたたかっていました。
おおぜいの若者、みんなのおばあちゃん、おじいちゃんのお父さんにあたる人たちが、兵隊(へいたい)さんになって船に
乗ってたたかいに出かけました。

 でも、日本は負けてしまいました。たたかいに出かけた遠くの島々で、てきのたまに打たれて死んでしまった兵隊さんも
たくさんいました。てきの目をのがれるために、島のジャングルのおくに入り何日、何年もさまよい、しょくりょうもなく、
うえて、ねつびょうにかかったりして死んだ人もいました。にげていたのは、てきにつかまるのはずかしいことだ、と教えら
れていたからです。

 ふしぎですね。みんなさいごの時は、たいがい、「お母さん」とさけんだそうですよ。

 さて、せんそうが終わって何年もたったころの話です。
宗せんせいは、ある夏、先生のお母さんの実家のある海辺の町に来ていました。その頃の浜は遠浅(とおあさ、すなはま
が広い)でした。浜辺には、背の高い草木がはえていました。

 おさなかった宗せんせいは、いとこにつれられ草木をかきわけて海の方までずんずん歩いて行きました。
 その時です。草木の中にぼうっーと、男の人が立っていたのです。
 
 その人は兵隊さんでした。てきのたまにも当たらず、ジャングルでうえることもなく、日本にかえって来れたのでしょうか。
せんそうが終わってから、何年もたってから日本にかえってこれた人もいたのです。うれしいことです。

 でも、兵隊さんは、うつむいてさびしそうなようすでした。

 ちょっと気になった宗せんせいは、いとこがずんずん先に行ってしまうのに、一人、そこで立ちどまってしまいました。

 (あっ!)宗せんせいはびっくりしました。

 その兵隊さんの体が、ぐずぐすとくずれたのです。まるでねんどでできた人形がくずれるように。そして、兵隊さんは
きえてしまいました。後にはなにもなかったかのように背の高い草木が風にゆれているばかりでした。

 宗せんせいが、もう少し大きくなった時、宗せんせいは、知りました。近所のおねえさんが、すきな人をせんそうでなくした
ことを。彼(かれ)とおねえさんはいつも、そのばしょでデートしていた、と。彼がせんそうに行く前のばん、
「きっとここにかえってくるよ」とおねえさんにやくそくしていたことを。

 でも、せんそうにまけて、びんぼうになった日本の国の中で、おねえさんは、はたらくために東京に出て行ってしまい、
浜でのやくそくをわすれてしまった、ことを。
 死んでしまった彼のたましいは、毎年、その浜べに来て、おねえさんを待っていたのでしょうか。
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る