妖怪おばばの怖い話

No.007 2014-03-02

第7回  冬の蝶

前回のお話へ
次回のお話へ
 以前、書きましたが、宗先生のお父さんは会社を経営(けいえい)していましたから、
仕事がうまく行かなくて、貧しい(まずしい)時もありました。

ごはんが食べられない時、そう、昔は、ごはんが食べられないほど貧しい家が、けっこうありました。
戦争(せんそう)がおわって、日本が大発展(はってん)してゆたかになったのは
昭和時代の終わりころでしたからね、、。

そんな時、宗先生のお母さんは、お水をいっぱい飲んで、ぱんぱんになったおなかを子どもたちに見せて、
「お母さんはおなかがいっぱいよ。だから、あなたたちで、そのご飯をぜんぶ食べなさい」 と言って、
自分は何も食べないような人でした。

でも、ざんねんながら、宗先生のお母さんは、今の宗先生と同じくらいの年に亡くなりました。
まだ若かったですよ。(宗先生はまだ若いでしょう?それとも、おばあさんかな!?)

宗先生のお父さんが亡くなって35日目に追いかけるように死んでしまったのです。
その亡くなり方を書きますと、、、

亡くなる前日までお母さんは元気でしたが、その日はお母さんは「むねが苦しい」と言い出しました。
お医者さんまではとおいので、宗先生の弟がクルマで連れて行ってくれることになりました。
でも弟もしごとに出かけていたので、しばらく帰ってこれませんでした。

やっと弟が帰って来て、宗先生のお母さんはお医者さんへ連れて行ってもらえました。
病院のげんかんからロビーまですたすた歩いて行きました。
じゅんばんが来て、先生のお母さんはしんさつしつに入りました。
お医者さんの前のイスにせすじをのばして、すわりました。

宗先生の弟は、お母さんのイスの後の方に立っていました。
お医者さんは、弟に手まねきしました。お医者さんは弟に言いました。
自分の前のイスにすわっているお母さんを指差して、、。「この人、死んでいるよ。」
お母さんは目をしっかり開けて、せすじを伸ばして、すわっていたけれど、死んでいたのでした。
死ぬぼとだったのに、歩けたりしたのは、精神力(せいしんりょく)でしょう。

さて、お母さんが亡くなって半年位たった初冬(しょとう)の事です。
知り合いの人から手紙が来ました。
宗先生はそのころ、ぼうえき会社につとめていて
いそがしくて、その手紙は会社に行く時、朝、駅のつうろを歩きながら読みました。

「あなたのお母さんは、とても出来た(良い人の意味)人でしたね。」と書かれていました。
手紙を下さった人は、市長さんをなさった人でしたから、りっぱな人でした。
そんな人に、そのように書いて来ていただいたのです。

先生は、うれしくて、そして、また、亡くなったお母さんのことを思い出して、歩きながら、涙ぐみました。
その時、ちょうちょがゆっくりと、先生の前を飛んで行きました。

そんなはずありません。冬でしたから、、。
先生は、そのちょうちょはお母さんの霊にちがいない、と思うと、またいっそう、涙がこぼれたのでした。
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る