妖怪おばばの怖い話

No.005 2014-02-09

第5回 猫の受難(思いがけないひどい目にあうこと)

前回のお話へ
次回のお話へ
可哀そうな猫はぎやくたいされて

 

 ある日、小学校の5年生だった宗先生のむすこが、
ばたばた、っとかいだんをかけ下りて来ました。子どもべやは2かいにありました。

「たっ、たいへんだ、ミーがいたよー」
ミーというのは先生のうちでかっていたネコの名前です。
「何、言ってんだよ。ミーは死んだろ、、」
台所(だいどころ)にいたお兄ちゃんが笑いながら言いました。

「そっ、そうだけど、、血(ち)だらけでかいだんのおどりばにうずくまっていたよ」
「うそだろ、、」
そういいながらもお兄ちゃんは、弟を引っぱって
かいだんのおどり場(かいだんの上のちょっと広くなっている場所)に行きました。

それから少しして二人は下りて来ました。
お兄ちゃんは、ふしぎそうに言いました。
「血だらけのミーはいなかったよ。
だけど、おどり場がなんかぬれて、ぬるぬるした感じがしたよ。でも血なんか落ちていなかったけどなあ、、」

「そうだ、ミーはじょうぶつ出来ていないんだ。きっとそうだよ」
弟もしんみり言いました。

実は、これにはわけがありました。
ミーをかっていたとき、外にあそびに行ったミーがとつぜん、帰って来なくなりました。
もちろん、家族中(かぞくじゅう)で、あちこち、さがしました。でも、見つかりませんでした。

一ヶ月たったとき、ミーはひょっこり帰って来ました。けれど、おなかを、はものでえぐられ、
それはそれは深い深い(ふかい)きずをおっていました。

わたしたちはあわてて、動物びょういんに連れて行きました。
おいしゃさんもびっくり、そしてためいきをつきながら、こう言いました。
「人間でいえば、せんそうでもないかぎり、こんな大きなきずをうけることはありません。
このネコちゃんの生命はもう持ちません。どこかにかくまわれ、ぎゃくたいされていたのでしょう」

ミーはまもなく死んでしまいました。はんにんはとうとうわかりませんでした。
ミーがじょうぶつできていないかも知れないというのは、そういうわけでした。

あれから、20年以上たちましたが、いまだに、宗先生はミーの受けたきずのこと、
そうして苦しんで死んでいったミーのことをわすれることが出来ません。

ネコでもそうなのです。
事故や事件にまきこまれて子どもをなくしたパパやママはどれほど悲しいことでしょう。
生きているものの生命(いのち)はほんとうに大切(たいせつ)ですね。
 

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る