妖怪おばばの怖い話

No.004 2014-02-02

第4回 フォックス家の事件

フォックス家の事件

1880年のことです。
アメリカのフォックスさんの家では、家の、誰もいないはずの屋根裏でコツコツ、人が歩くような音がしました。
「ドロボーかしら?」「ねずみかしら?」
それは何日も続きました。ドロボーが毎日来るはずありません。ネズミは走り回るのに、
その足音は、こつこつ平均的な音で歩き回っているように聞こえてました。

何日も何日も続いていました。うわさが広がりました。しまいには薄気味悪い噂話が出るし、
警察も「放っておけないぞ。良し、調べてやろう」と飛び出してきて、屋根裏に上ったりして
念入りな調査が行われたのですが、足音の原因となる何物も発見できませんでした。

いつしか、フォックス家はお化け屋敷といううわさから、住む人もいなくなり、空き家になって
しまいました。それから20数年の歳月が流れました。

ある時、「元フォックスさんの家は良い家なのに、空き家なんてもったいないなあ、私に住まわせてください」
という人が出て来て、家を修理しようとしました。古壁も壊して、新しい壁にして家の中
を明るくしたいと思いました。
壁を取り壊していると、、、 「ぎゃっー」壁土の中から白骨死体が出て来たのです。
20年前のあの奇妙な足音は、殺されて白骨死体になった人物が歩いていた音だったのでしょうか、、。

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る