妖怪いおばばの怖い話

No.3 2014-01-26

第3回 オモニ

前回のお話へ
次回のお話へ
よその国のやさしいかあさん
 
 宗せんせいがこどもの頃のとうこうはんは、学校からとおいところにすんでいる子が、
近くの子をむかえにいって、だんだん人数が多くなって学校にとうちゃくする、というものでした。
たしか、学年ごとでしたから、今のように学年の上の子が下の子を連れて行く、
というかたちとはちがいました。

宗せんせいの家はとおかったので、近い子のところにむかえに行きました。
その子は舟の上でくらしていました。汚くて小さな川に浮かんでいた舟の上です。

(わっ、かっこいい)ですって?とんでもありません。
そのころの日本にいた、かんこくやちょうせんの人たちは、
さべつをされて、良いおしごとにつけず、安いおきゅうりょうではたらかされていました。
それで、小さな木の舟の上にこやをたてて、くらすしかなかったのです。
さべつのことは、せいじてきな事なので、みんなが中学やそれ以上になったら調べてね。
小屋(こや)、というのは、ものおきのような小さなへやです。

「OOくん、おはよう。学校、行こう」そう言ってよぶと、
川にうかんだせまい小屋から出て来ました。

次にむかえに行くのは、そのとなりに住む男の子です。
その子の家は、学校のうんどう場のように広い広いしきちに、たっていました。
どっしりと大きな門からすばらしい庭が見えました。お金持ちの家の子でした。

でも、ふりかえってみると、小屋に住んでいたちょうせんの子は元気なあばれんぼう、
大きなやしきの子は、いつも青白い顔をして、びょうきがちだった気がします。

ある朝のことでした。その日は、ちょうせんの子のオモニ(おばあさん)が川べりに出ていました。
おばあさんは、つぶやきました。だれに言うともなく。

川のむこうがわに広がっている大きなやしきをゆびさして「あの家はつぶれるだろう。」

宗せんせいは、びくっ、としました。大きくて、とてもつぶれるような家じゃありません。
おばあさんは、頭がおかしくなってしまったのかなあ、、と子ども心に思いました。

やがて、宗せんせいは他の学校に行くようになり、その土地を通ることもなくなりました。

ある日、久しぶりにそこを通りましたら、あの大きなやしきは、へいさされていました。
ご主人が仕事にしっぱいして、家は手ばなした、と聞きました。
やがてたてものはつぶされて、平らな土地になりました。

おばあさんは、予知(よち)したのでしょうか。
かんこくやちょうせんの人たちはとてもしんこうが深くてせんぞや仏さまを大切にするそうです
ですから、れいかんがある人も多いようです。
川にうかんでいた舟のこやもいまはなく、あの子もりっぱな家に住んでいる、と聞きました。

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る