妖怪いおばばの怖い話

No.2 2014-01-19

第2回 プールに出た幽霊(ゆうれい)

前回のお話へ
次回のお話へ
少女の悲しみ
 
 いまは、学校にプールがあるのは、あたりまえのようになりました。
これは、プールのある学校がすくなかったころの少女のお話です。

みんなの学校もそうだと思うけど、プールに入るのに、せいふくのように決まった水着(みずぎ)がありますね。

かんたんだけど、泳ぎやすい、こん色などの水着です。むかしからスクール用の水着はありましたよ。

さて、ある小学校でのことです。
プールに入れるきせつになりました。みんな大よろこびです。

明日はいよいよプールに入れるという前の日。
下校時間になったので、たくや君(かりの名前)とクラスメートがプールの横を通りかかりました。

プールには水が入って、夕日にかがやいていました。
(あれっ)たくや君は、びっくりしました。プールの水面に、丸いものがうかんでいたのでした。

「あれっ、何だろう?」たくや君は友だちをふりかえって聞きました。
友だちもプールの方を見ました。「あっ、あれか、、何だろうね」
ちょうどボールを半分にわったようなものでした。

「あっ」
2人が見ていると、その丸いものが起き上がったのです、、。そして、プールのふちに立ちました。
「ああっ、あっ、、」
起き上がったのは、小さな人間だったのです。髪の毛を三つにあんだ女の子の姿だったのです。
もっと、もっと、おどろいたことには、女の子は、うしろ向きでしたが、はだかだったのです。

はだかでプールで泳いでいたかのように、体もかみの毛もぬらした女の子は、プールのふちを歩いて、
金あみのそばまで行った、かと思うと、すっーと、金あみをぬけて行ってしまいました。
そして消えました。

「うわっー」
2人は、きょうふで思わず、おたがいにだきあってしまいました。

たくや君はあとで、知りました。
むかし、その学校にプールが出来てまもないころ、家がまずしてく、水着をかえない女の子がいました。
その子は、プールで泳ぎたくてたまらなかったけど、水着がないので、
「びょうきのためプールに入れません。」と、お母さんに手紙を書いてもらって、いつも見学していたのです。

その子がほんとに病気になって亡くなってから、夏になると、
はだかでプールで泳ぐ女の子がたまにもくげきされるようになったということです。
女の子はとても泳ぎたかったのでしょうね。
 
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る