妖怪おばばの怖い話
妖怪おばばの怖い話

No.17 2015-6-1

第17回 神さまへ借金

前回のお話へ
次回のお話へ
 ルリちゃんが小学生のころのことです。
いつも朝の登校班(とうこうはん)におくれる友達 がいました。お父さんもお母さんも働いていなくて、
お父さんは悪いことをして時々、 ケイサツにつかまってしまう家庭でした。

でも、その友達はふつうの良い子でした。家事を手伝っていたのでしょうか。いつも 登校班の列に加われませんでした。

ルリちゃんとはあんがい仲が良くて、帰りはいっしょでした。 ある日、ルリちゃんが忘れ物をして、少しおくれて学校を
出たときのことです。その子の後 を追って行ったら、その子は、スーパーのちゅうしゃじょうで、上級生に囲まれて
いました。

そして、悪口を言われ、こづかれたり、髪の毛を引っ張られたりしていました。ルリちゃんの胸は、 どっくん、と音を
立てました。見てしまったことが怖かった。 ルリちゃんは、声をかけられず、あわてて、その場を去りました。

それからはルリちゃんは、 何かと理由をつけて、その子をさけるようになりました。その子は、さびしそうな目をして
ルリちゃんを見ていました。そして卒業しました。

ルリちゃんが高校生になった時のことです。ルリちゃんの友達は、クラスで一番の成績の子で した。ピアノもスポーツも
出来て、お家は大きなおやしきでした。

ある日、体育館の横を通りかかると、数人の不良のクラスメートが丸くなって座っていました。
いました。不良と 言うのは、学校をちこくしたり、早退したり、早弁(授業中にお弁当を食べる)したり、タバコをこっそり
すっていたり、町で大人の良くない人と付き合ったりしていたからです。

そして、真ん中にルリちゃんの大切な友達が立たされていました。お金のやりとりがチラリ、と 見えました。
その友達は、不良のクラスメートにおどされて、お金をまきあげられていたのでした。 全員がルリちゃんのけはいに
気がつき振り返りました。 その友達は、はっ、として、すくわれたようにルリちゃんを見ました。

でも、不良グループはルリ ちゃんをにらみました。ルリちゃんはおそろしさに、いそいで、逃げ去りました。
後で、その友達の手のひらにタバコの焼けあとがついていたのに、ルリちゃんは気がつきました。
でも、その友達は、さびしそうに、

「しょうがないよね。いつもヤラレテたの」と言って、ルリちゃんを せめませんでした。

ルリちゃんの胸は、またどっくん、と鳴りました。そして、卒業しました。それきり友達とは会うことがありませんでした。

 大人になったルリちゃんでしたが、なんということもない時から、あの(どっくん)が始まったのです。
顔色は青ざめ、胸はたえまなく、どっくん、どっくん、と鳴りました。お医者さんに行っても何のいじょうも ありませんでした。
このとき、ルリちゃんの(良心)が、昔、友達を救えなかったことで、泣いていた、のでしょうね。

その叫びが、胸のどっくん、どっくんだったのでしょうね。 ルリちゃんは宗せんせいのところに来たけれど、小さい頃の
事件の話などはしてくれませんでした。 でも、ルリちゃんの様子を見て、(ああ、ルリちゃんはこころの病気なんだなあ、
そのこころの病気 を治すためには、りんしょうしんりしという心理学の先生のところに通って、ゆっくり治さなければ
良くなりにくいなあ)と思いました。

  宗せんせいに出来ることは、宗せんせいがつくった(守り姫)というお守リカードを差し上げて、 「守り姫はあなたを守るわ、
強く生きてね」ということだけでした。

 手描き手作りのお守カードです。

ある日、ルリちゃんは会社が終わった後、映画を見たので帰りが遅くなりました。山のきわにある 石段は暗くてさびしい道
ですが、ルリちゃんの家への近道です。 ルリちゃんは、思い切って石段を上りました。薄ぐらい電柱には、
(チカンに注意)なんてはり紙も あります。

  その時です。「きゃっ」という声が聞こえました。数段上のわき道からです。

ルリちゃんは、どきっ、 として、思わず胸に手をやったら、(守り姫)に触れたそうです。
不思議に心が落ち着いて、ルリ ちゃんは、石段を上り続けました。

(あっ)わき道で、二人の影がもつれあっていました。大きい影は男性で、小さい影の女性を おそっているようでした。

ルリちゃんに、昔のきょうふがよみがえりました。声が出ません。 ぎゃくに、どっくん、どっくんが始まりました。

けれど、そんな中でルリちゃんはいつのまにか 石ころを手にしていました。 ルリちゃんは、その大きな石ころを、
男性に向かって投げました。みごと、めいちゅうしました。

打ち所が悪かったのか、男性は、顔を押さえました。 男性は、誰かが通りかかったことに気がつき、顔を押さえながら、
逃げて行きました。女性は 助かり、ルリちゃんに感謝、感謝のことばをのべました。

 その日以来、ルリちゃんの(どっくん、どっくん)は無くなりました。 ルリちゃんがまた、宗せんせいをたずねて来ました。
「宗せんせい。昔、友達を救えなかった私は、人間として神様にしゃっきんがあったのですね。 それをやっと返すことが
出来た気がします」 ルリちゃんは明るくなりました。

「(守り姫)も助けてくれたんですよ」とも言ってくれました。
でも、守り姫より、ルリちゃんの勇気ある心の勝利ですよね。

借金(しゃっきん) ここでは、お金を借りた、という意味ではありません。やらなければならないこと をやらなかった、
神様に、いつか返さないとならないこと、借りができてしまった、というような意味です。


050225-46-138

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る