妖怪おばばの怖い話
妖怪おばばの怖い話

No.15 2015-6-1

第15回 箱根駅伝

前回のお話へ
次回のお話へ
みんな、お正月の行事、箱根駅伝(はこねえきでん)を知ってますか?  


東京から神奈川県のはこねまで、沿道(えんどう)を大学生のお兄さんたちが走ります。
ちょくせつ、国道などで見学した人もいるでしょうし、テレビで見た人もいるかも知れません。
宗先生の弟は、大学生の時、箱根駅伝の選手でした。毎年、お正月になると、箱根駅伝で走っていました。

その頃、弟の大学は箱根駅伝の成績(せいせき)が良くて、れんぞくして優勝したりしていました。
本人の弟は、毎朝、毎晩、走りこみをして、努力していましたが、家族はとても心配しました。

というのは、駅伝は一人で走るものではありません。10人位の選手が、自分の力を精一杯出し
ながら、ぜんたいとして、全員ががんばって他のチームに勝っていく競技(きょうぎ)です。
もし、弟が「ブレーキ」といって、腹痛(ふくつう:おなかがいたくなる)などを起こして、倒れてしまったら、
がんばっている他の選手たちにもうしわけないことになります。

箱根駅伝だけではなく、あおもり駅伝とか、にいがた駅伝とか、学生駅伝とか、駅伝に出場するたびに、
(前回は、なんとかちゃんと走れた。今回もだいじょうぶかなあ)と、ブレーキ?胃が痛くなるような
思いで家族はおうえんしていました。

区間賞(くかんしょう)とか、記録(きろく)とかよりも、
ブレーキを起こさないことをいのって、一生懸命おうえんしたものです。
長い時間走り続けるので、腹痛も起きやすいのです。

 ある年の箱根駅伝の時のことです。旗(はた)を持ったたくさんの人が沿道で、選手を応援していました。
若かった?宗先生もその中にいました。お正月ですから、晴れ着の人もいました。
宗先生はちっさいですから、後方にいて、よその人のかたごしにやっと、選手たちが見える状態でした。

 弟が走って来ました。前の選手の成績が良かったのでしょうか。

たすきを渡されたときは、一番だったのでしょう。先頭を走っています。

 ところが、すぐ横にぴったりと、背の高い選手がついています。その選手はまるで弟の影のようにはり
ついているんです。
(あれあれ、あの選手は、弟の大学とせっせんだなあ、、)
宗せんせいは、苦笑(くしょう)して見ていました。

二人は、目の前を通り過ぎます。
(あっ!)先生はびっくりしました。弟にはりついて走っていた選手がいきなり、弟の肩に手をかけると、
もう片方の手で、自分のおなかをおさえて、へなへな、と座り込んだのです。
ブレーキです!!
弟は、その人に肩を引かれて、走りが傾いてしまいました。
(大変だあ)先生は真っ青になりました。

けれど、弟は何とか振り切り、体勢を整えると、あっと、というまに、中けい所を目指して走って行きました。
後には、ブレーキを起こした他校の選手だけが、道路に横たわって残されていました。

でも、周囲の人は、誰も彼の方を見てあげません。ぐんしゅうの中にいて、先生は、心配して、前に進もうとしました。
その時です!!倒れた選手がにょろにょろと、湯気のようなものを出して消えたのです!!
塩をかけられたなめくじが消えるように、、。塩や砂糖がお湯をかけると、溶けて行くように、、。

先生は、ぼうぜんと見ていました。
それは霊だったのです。生霊だったのか、死霊だったのか、わかりませんが。

おそらく、以前の大会のとき、ブレーキを起こし競争(きょうそう)のとちゅうで
試合をだんねんしなくてはならなかった選手のきもちが
そのぼう霊を飛ばしたのでしょう。              050115-41

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る