妖怪おばばの怖い話

No.13 2014-09-26

第13回 酒呑童子・大江山の鬼退治

前回のお話へ
次回のお話へ

 

 大江山には鬼が住んでいました。都に下りてきては、美しい娘やこく物を盗んで行くので
源頼光(みなもとらいこう)や渡辺綱が退治しに行きました。

「人間さらに行くことなし」といわれる位、深い山の中に入り、谷を越え、けいりゅうを渡り、
鬼を探しました。

とちゅうで出あったおばあさんから「鬼はお酒が好きなので、飲ませて眠ったところを討つと良い」
と教えられた。

やっと鬼の住み家に着いた頼光たちに、鬼が聞いた。「どうしてここがわかったんだ」
頼光は答えた。「役の行者のおみちびきです」やっと鬼はなっとくしてさっそく、酒盛りが始まった。

(役の行者のことは、超能力教室で三月に書きましたね。ほら、役の行者は超能力で鬼を家来にして
いましたよね。だから、役の行者の仲間だと思い、頼光たちをかんげいしたのかも、、、。)

鬼は血の酒、人肉をうまそうに食い、都から頼光たちが持って来た酒をぐいぐい飲み、酔っ払って
寝てしまいました。

それっ、源頼光(みなもとらいこう)、渡辺綱(わたなべつな)らは、さっそく鬼どもを討ちました。

頼光の一行は、鬼の首を台に乗せて、京都の都をねりあるきました。見物人は、千万人もいた
そうで、みんなはくしゃかっさいしたのでした。

酒呑童子、というのはお酒が大好きで、お酒を呑み(のみ)、真っ赤になった童子の有様を言う
のです。
19-28-00704

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る