妖怪おばばの怖い話

No.12 2014-07-02

第12回 トロヤ戦争

前回のお話へ
次回のお話へ

 今は、西暦2005年、21世紀ですね。でも、今回は紀元前(きげんぜん)の話です。

トロヤという国の王子さまは、ギリシャのスパルタ王妃が好きになり、自分の国に連れて来て
しまったのです。

スパルタ王国の人たちは、かんかんになりました。



 自分の国の王妃さまをうばわれたのです。
「せんそうだあー」

スパルタをはじめ、ギリシャに所属(しょぞく)する多くの小国は、連合軍(れんごうこく)となって トロヤ
に向かって来ました。それだけトロヤ王国は豊かで強力な国だったのでしょうね。

彼らはトロヤ王国を眼(め)の前にする海岸にたどりつきました。トロヤ王国は広大な土地に城を
きずき、そのまわりで国民は田をたがやしたり、あきないをいとなんで、暮らしていました。

トロヤ王国のじょうさい(お城の囲い、王国のとりで)は堅固(けんご)だったから、なかなか、お城の中に
入って王妃を取り戻すことも、トロヤを倒すことも出来ません。

満艦飾(まんかんしょく)の船からおりて王国のしゅういをぐるりと囲んだ連合軍の兵士たち、、、
じだんだふんでくやしがりましたが、どうにもなりません。

かたく大きな門に近づけば、中から剣(けん)でさされてしまうでしょう。
高いかべをよじのぼれば、うちがわで待ちかまえているトロヤ兵に押しもどされます。

連合軍はお城を取り巻いただけで、、なんと10年の年月が流れました。
なんだか、まぬけな話ですねえ!!

10年たった時、ふと、トロヤの人たちが、じょうさいの外を見ると、あらっ!もう、誰もいません、、。
港にとまっているはずの船はいっそうもありません!!

(ギリシャれんごうぐんはあきらめて、国に帰ってしまったのだ!)
そう考えて、トロヤの人たちは、ほっ、としました。大安心です。彼らは王国の門を開けました。

誰もいない海岸には大きな木馬が一つだけ置かれていました。巨大な木馬は、そびえるほどの
高さでした。
だれかが言いました。
「それは神殿(しんでん)だよ。」(ああ、ここでギリシャの人たちは神様にお祈りしていたのだろう)

重くて、ギリシャには持って帰れなかったのでしょう。トロヤの人たちは、そのもったいない木馬を
トロヤ王国の中に運び入れました。

その夜のことです。トロヤの人々は、今夜こそ、安心して寝静まっていました。

すると、木馬が、がたがた、っとゆれました。木馬から、ギリシャれんごうぐんの兵士たちがいっせい
に飛び出したのです。彼らは木馬の中にしのびこんで、まんまとトロヤの国に入り込んだのです。

じゅんびをしていなかったトロヤの人たちはあっ、という間に、やられてしまいました。そしてトロヤ
の国は火をつけられて、灰燼に帰した(みんな、燃えてしまった)のでした。
トロヤ王国はめつぼうです。

そのトロヤ戦争のことが映画やビデオになりました。そのビデオには有名なアメリカのスターが
出ているので、宗せんせいは、さっそく借りて観てみました。

楽しいビデオでしたが、ふと、気がつきました。トロヤ王国の王子が死んだ時、王子の遺体(いたい)
のまぶたの上にコインを乗せていたのです。

(あれっ、死者にお金をもたせるって、日本と同じじゃないか!)
そうです、日本でも、死者があの世に行くには三途の川(さんずのかわ)を渡らねばなりません。
それには渡し舟のふなちんが必要です。

やれやれ、お金が無い人は、死ぬこともできませんねえ!
だから霊になって漂って(ただよって)いるのかしら?
まさか、、。そんなことありませんね。

長くなってしまったので、この死者送りのお金については今度心霊教室で書きますね。

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る