妖怪おばばの怖い話

No.011 2014-05-18

第11回 スリ かげろうのように

前回のお話へ
次回のお話へ

 そのふみきりは、左右がまっすぐで見通しの良いふみきりでした。
はばは7,8メートルでしたし、かんたんに渡れます。

そのふみきりで、弥生(かりの名前)おばさんが電車にひかれて亡くなりました。
弥生おばさんのことを知っている近所の人は、みんなおどろきました。

「あんなにちゅうい深い人はいないのに、、」
「電車にひかれてしまうような運動しんけいのにぶい人じゃなかったわ、、」
おそうしきで、近所の人は口々に言いました。

亡くなった弥生おばさんの最後の言葉を聞いていた宗先生は、その言葉をかみしめ
ながら、みんなが残念がる様子を見ていました。

宗先生は中学生でした。

おせいぼのおすそ分けを宗先生のお母さんに、と渡し(わたし)に来てくれたあと、弥生おばさん
は玄関に立ち、後すがたを見せながら、たった一言、つぶやきました。

「また、やってしまった。私はなおらないのかしら、、」

宗先生は聞いていました。弥生おばさんは、戦争でお父さんを、けっかく、という病気で
お母さんを亡くした孤児(こじ)でした。

しんるいの家にやっかいになっていたけれど、しんるいの家も貧しかった、、、。弥生さんは
いつの間にか、スリをして、お金を得て、食べ物をちょうたつするようになりました。
しんるいの家では、うすうす弥生さんのやっていることに気がついていたけど、弥生さんが
食べ物を持って来てくれると助かるので、何もいいませんでした。

弥生さんはなんどもケイサツに連れて行かれました。子どもだから、まもなく帰してもらえた
けど、、。

高校生になって、アルバイトができるようになると、スリを止めました。けれど、指はおさまって
くれず、よその人のさいふなどを見ると、ついつい、指がふるえたそうです。

弥生さんは結婚しました。工場につとめるやさしいご主人でしたから、生活も安定し、幸せな
日々が来ました。子どもも生まれました。三人家族、、弥生さんは夢心地でした。

けれど、外にかいものなどに出かけると、指はいつも何かえもの?を求めてふるえました。
あくまのようなしゅんかんが何度も来たそうです。

じつは、結婚してから後、スリをしてケイサツにつかまったこともあるのです。
その頃は、お金が必要でスリしたのではありませんでした。

ご主人はあやまち?を許してくれました。でも、
(こんな母親では小さな息子にかわいそうだわ)、弥生さんは一人で何度も泣いたようです。
ふつう以上に息子をかわいがりました。息子も「ママ、ママ」としたってくれます。

年を取ってからの弥生さんは、なんとか指の病気?は治まったようです。やっと弥生さんに心の
平和がおとずれました。

やがて、息子にお嫁さんが来ました。息子の愛は、かわいいお嫁さんに向きました。

弥生おばさんはさびしかったのでしょうか。また、スリをやってしまいました。
弥生おばさんはだれよりも、自分したことをいけないこと、と感じ、恥じ(はじ)ました。

それからまもなく、弥生おばさんは事故で亡くなりました。

宗先生には忘れられません。去って行く弥生おばさんの後すがたは、とうめいで、しゅういに
陽炎が立っていました。

14-1222-38

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る