妖怪おばばの怖い話

No.010 2014-04-13

第10回 かごめかごめ・後ろの正面だあーれ

前回のお話へ
次回のお話へ
かごめ かごめ 
かごの中の鳥は いついつ出やる
夜中の晩に つるとかめが すべった
後の正面 だぁーれ

 
 戦争(せんそう)が終わってからの日本は、とても貧しかった。

 戦争のためのだんがんや、飛行機や、せんすいかんや、
戦いのための道具を作るために、日本の中のすべてのざいりょうをそれにまわしてしまい、
また、それを作るために働いたので、食べるものや、着る物などを作るよゆうがなかったせいもあります。

そして、戦争に負けてしまったのですから、、。

宗せんせいはせんそうは知りませんが、その後の日本は少し知っています。

ゆいちゃん(仮名)は、頭の毛の中に、シラミという虫のいる子供でした。
シラミは零下(れいか)40度でも死なない小さな虫です。
頭にシラミがいると、かゆくてかゆくてたまらなくなります。
目はトラホームにかかっていて、いつも目やにを出していました。

ゆいちゃんの家は、長屋(ながや)といって、
小さな家が一つの屋根で何軒もつらなっているうちの一つにありました。
水道は、10軒の家で共同で使用していました。
だから、なかなか、自分の髪の毛も洗えません。もちろん、お湯は出ません。
いつもぼさぼさ頭、トラホームの目やにだらけでした。

めったに髪の毛を洗えない、顔も洗えないゆいちゃんが、
トラホームにかかったり、シラミがわくのもむりは無かったのです。
家のタタミはくさって、すりきれていましたし、ふえいせいでしたから、、。

ゆいちゃんのお父さんはいっしょうけんめい働いていたけど、
おじいちゃん、お父さん、お母さん、ゆいちゃんのきょうだい、
みんなを食べさせて行くための収入を得るのは大変だったのでしょうね。

そんなゆいちゃんでしたから、みんなにきらわれ、いじめられていました。
それでもゆいちゃんは、みんなと遊びたかった。

かごめ、かごめ、という遊びは、真ん中に一人の子がしゃがんで、両手で目をかくします。
他の子供たちが円になってその子のしゅういを歌をうたって回ります。
歌が終わった時、その子の後の正面にいるのはだれか?
その子は両手で目をふさいだまま、答えるのです。ゆいちゃんはいつもその役目でした。

ある時、ゆいちゃんは両手で目を押さえてしゃがんだまま答えました。
「おばあちゃんだ。おばあちゃんが来た!」
円を作っていた子供たちは、回りを見回しました。
もちろん、ゆいちゃんの後ろの正面にはおばあちゃんなんていません。
たしか、ゆいちゃんのおばあちゃんは亡くなっていて、もういないはずでした。

立ち上がったゆいちゃんは、目をとじたまま、
「おばあちゃんが来た、おばあちゃんだ!」と目やにと涙でぐしゃぐしゃでなった顔を上げ、
後ろの正面の子にだきつこうとしました。
その子は、「うわっー」と言ってにげました。他の子もしらけて散って行きました。

そして、「ゆいちゃんはうそつきだ。」とみんなはうわさしました。

けれど、今になると、宗せんせいは思います。
あのとき、ゆいちゃんのそばには、確かにゆいちゃんのおばあさんが来ていたのではないか?

いつも、鬼の役目(すわって当てる役目)しかさせてもらえないゆいちゃんが
かわいそうになったおばあちゃんの霊が、ゆいちゃんのそばに来ていたのではないか、
と思うのです。27-94-1014

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る