妖怪おばばの怖い話

No.1 2014-01-01

第1回 飼い主を救えなかった犬

前回のお話へ
次回のお話へ
   やせ細った犬が、しおしおと春の道路を歩いていました。  そして、時々、土のにおいをかいでは、顔をそむけて
  (ワン)とほえました。同じ道を通り、同じことを毎日、くりかえしていました。
  そのノラ犬の行動が何のためか、人間にはわかりませんでした。
  
   道路に桜は花びらが飛び、いってきのうるおいも無い日でりの夏が来、うす茶色の落ち葉で道路がうまる秋がきても、
  犬は同じ行動をくりかえしていました。

  人間が近づくと、その犬はにげました。かわいげの無い犬にちゅうもくする人はいませんでした。
 
   明日は、おおみそかという朝、しものおりた道路で犬は死んでいました。 近くの電信柱に花たばが置かれていた
  数日後でした。

   数日前に、近くに住む老人が、久しぶりにさんぽに出て、車にひかれてしまったのです。老人のための花たばのあった
   そばです。

   ◇
   犬はおじいさんのかい犬でしたが、おじいさんが病気でたおれてからはノラ犬になっていました。でも、おじいさんの家
  の近くから離れず、なぜか、どうろで不思議な行動をくりかえしていたのでした。

   その日、久しぶりにさんぽに出たおじいさんの後を、ノラ犬となっていた犬は、ついて歩きました。
(  外に出たおじいさんに、犬にはうれしくてたまらないようでした。
  けれど、おじいさんは、よろよろとして、まるで天国へでも上っていくかのような足取りです。犬が不思議な様子をくりかえして
  いたいつもの道路です。

    おじいさんが歩道に出ようとしたその時、犬はワンワン、と大きくほえました。
  でも、耳の聞こえないおじいさんは、スピードを上げて走ってきた車にひかれてしまいました。
  そのおじいさんの後を追って飛び出した犬も、後の車にひかれました。

   ですが、おじいさんのじこに、みんながおおあわてでいた間に、犬は、傷だらけのまま、どこかへ消えていたのです。
  犬の霊感で、そこがきけんな場所と゛すっと前からわかっていたのに、、、そして、ほえておじいさんに、(行ってはいけない)
  とあいずしたのに、おじいさんをすくえなかった犬は、自分をはじて、すがたを消したのでした。
 
  ◇
   けれど、犬の生命も終わろうとしていていたのです。死ぬ時はせめて、おじいさんの近くで死にたくて、犬は姿をあらわしたの
  でしょう。     
  
ほんとにあった怖い話トップに戻る
 

このページの先頭に戻る