忍者のなぞ

No.009 2014-10-22

第9回 風魔小太郎 最強の忍者

前回のお話へ
次回のお話へ
 

風魔小太郎(ふうまこたろう)1

  神奈川県小田原の北条氏の忍者(おだわらのほうじょうしのにんじゃ) 戦国時代・最強の忍者といわれています。

 名前から、ちっちゃくて、すばしっこい忍者のイメージですが、実は大男だったらしいですよ。

 ある時、静岡県、沼津(ぬまづ)の小さなお城の城主、北条早雲(ほうじょうそううん)は、静岡県・伊豆(いず)の温泉に
やって来ました。二人は、どこかのお店のだんなさんと使用人のようなふりをして、温泉にやって来た農民たちのうわさ話
を聞いていました。

すると、「おい、みんな、隣りの沼津では、城主が良い人で、税金(年貢米・ねんぐまい)をたくさん取らないらしいよ」
と話しています。
「そうかあ、沼津の城の農家になりたいなあ」
ふん装して、聞いていた沼津の城主の北条早雲と風魔小太郎はにっこり。さらに、二人が聞き耳を立てていると、、、

「うちらの伊豆では、お母さんの違う二人の兄弟が御所(ごしょ・お屋敷)で権力争いばかりしているんだ、最初は弟が位に
ついたら、兄が怒ってお母さんと弟を殺して、位についた。位についた兄のお殿様は伊豆を平和に納めて、農民が安心し
て暮らせる土地にしようとしないで、好きな遊びばかりしている。
遊ぶために、年貢米をたくさん取り上げるんだ」

と嘆いていました。

 お百姓さんが一生懸命、しゅうかくしたお米を、税金・ぜいきん(年貢米・ねんぐまい)だと言って、たくさん取り上げていた
のです。
二人は、農民たちに、お酒をおごりながら、さらに聞き込みました。その結果、
(そうか、伊豆は荒れているのか。それなら、戦さ・いくさを仕掛けて、伊豆の土地はわしが支配してしまおう)

そして、とうとう、北条早雲は戦さに勝ち、伊豆の土地を手に入れてしまいました。それ以来、伊豆の
農民は、年貢米をたくさん取られないですむようになりました。

風魔小太郎の忍術作戦は次回ね。


 241016(0101103-9-alll461)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る