忍者のなぞ

No.008 2014-08-27

第8回 雑賀孫一の捨旗の術 しゃきのじゅつ

前回のお話へ
次回のお話へ
 前々回、書いたように、織田信長は、石山本願寺(いしやまほんがんじ・今の大阪市内の土地にあった寺)
が欲しくてたまりません。信長は言うこときかない、ほととぎすは殺してしまおう、というタイプでしたから、部下に
も厳しく命令しました。

安土城(あづちじょう)にいた織田信長から
「石山本願寺の信者たち、、一向宗という宗派の信者の人たちをやっつけて来い」
「負けて帰って来たら全員の首をハネテしまうぞ」と命令されて、信長家来の軍勢は、何万の兵士でやって来ました。

対する、石山本願寺では、いくら信徒がたくさんいる、といっても、織田信長軍にかなうほど数がいるわけありま
せん。それでも何とか、信長のはなった軍勢に勝たねばなりません。

石山本願寺派には、忍者、雑賀孫一がいましたね。彼は作戦上手で、

「彼と組んだら絶対に勝つけど、敵に回したら負けてしまうよ」
といわれるほどのすごい忍者であり、忍者軍団でしたが、、、織田軍の何十分の一か、何百分の一の少数軍団
でした。

 さて織田軍は雑賀軍団の鉄砲隊に、たじたじとなりながら、何しろ多人数ですから、みんな強気で、雑賀軍に
はむかっていました。それに、雑賀軍団が打つてっぽうで煙っているけど、よく見ると、雑賀軍団の後に、織田軍の
旗が見えます。

(あっ、味方だぞ。雑賀軍団をこっちとあっちで、はさみうち出来るぞ)
「おうー、味方が来たぞー」みんな、喜んで迎えました。さらに、雑賀軍団に、わあっー、と近寄って行きました。
雑賀軍団の後ろで織田軍団の旗を振る味方も、後ろから雑賀軍団に近寄り、はさみ打ち出来ます。

すっ、すると、たちまち、雑賀軍団の後にいる織田の旗を持った軍団が、近寄って来た織田軍にてっぽうをうちだし
ました。
雑賀軍団の後ろで旗を振っていたのは、偽者の織田軍の旗を持った雑賀軍団だったのです。

戦国時代は、旗によって、自分達の味方か、敵か、区別していたので、味方の旗を見せられた織田軍は、油断を
してしまったのです。

信長軍勢は、雑賀孫一の戦術にはまり、次々と倒れて行きました。

旗を利用して、相手をきりきりまいさせて、負けさせたこの術は「捨旗の術・しゃきのじゅつ」と呼ばれています。


 260827(0101013-7-all459)

左・忍者屋敷の図より  左2・大阪城合戦図より

003-11-460

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る