忍者のなぞ

No.007 2014-07-15

第7回 雑賀孫一の地獄落とし

前回のお話へ
次回のお話へ
さて、

織田信長(おだのぶなが)は石山本願寺(いしやまほんがんじ)でお寺を守っている
信徒(しんと・その宗教を信じておすがりしている人たち)がじゃまでした。

石山本願寺のある土地は、大阪の主要な地にあったので、その土地を手にいれたくて、多数の軍勢を
はけんしたのでしたが、信徒の中には雑賀孫一のようなビックな忍者がいましたので、
織田軍団はさんざんな目にあいました。

前回、書いたように、雑賀孫一の一団は織田軍団のにせものの旗をかかげて、織田軍団が
「織田の仲間だぞー」と喜んで近寄ったら、待ちかまえていた雑賀衆にやられてしまった
のでしたね。
けれど、なんといっても織田軍団は何万という兵士のいる軍団です。数百人しかいない
雑賀衆は、しだいに追い詰められて行きました。

そして、とうとう雑賀衆は、逃げ出して、土塁(どるい)を上りました。
「逃げてくぞ、追いかけろ」織田軍団も負けまいと、追いかけて土塁を上り始めました。

そのときです。土塁の上から大きな石がごろん、ごろんと投げつけられました。織田軍団は大石に当たって、
「わあー、ぎゃー」と次々、転げ落ちていきました。

これが雑賀孫一の有名な「地獄落とし作戦」です。

左・忍者屋敷の図より  左2・大阪城合戦図より

003-11-460

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る