忍者のなぞ

No.006 2014-07-02

第6回 信長と雑賀孫一

前回のお話へ
次回のお話へ
さて、

「鳴かずんば 殺してしまおう ほととぎす」 織田信長・おだのぶなが
織田信長は家来に命じました。
「大阪の石山本願寺(いしやまほんがんじ)を襲え(おそえ)。わしは天下統一をめざしている。日本一
になりたいのに、石山本願寺はお寺だから寄付がいっぱあってお金持ちだ。だから勢力が強い。
この俺、信長よりも力が強いことは許せない。それに、あそこの土地は良い土地だ、あそこの土地が欲しい」

と考えたのでしょうか。石山本願寺は浄土真宗(じょうどしんしゅう)の総本山、つまり、全国の浄土真宗のお寺
のトップでした。
(浄土真宗じょうどしんしゅうは、もとは、親鸞・しんらんしょうにんが開いた宗派です)

信長は信長軍に言いました。「絶対に勝って来い。負けて帰って来たら全員、打ち首だぞ」

ところが対する石山本願寺には、雑賀衆(さいかしゅう)という忍者軍団であり、浄土真宗を信仰
している信徒たちです。仏さまが味方だと信じて必死に抵抗します。

その頭領、大将は雑賀孫一(さいかまごいち)、
ゲリラのように進出奇抜の忍び集団でありながら、彼らは16世紀には珍しく3000丁の
鉄砲を持っていました。

ですが、お寺の信徒だけですから、日本一を目指している信長軍に数の上でもかないません。
10万の兵を差し向けました。

さて、戦いはどのように進行したかな、、
孫一の戦法、「捨旗の術(しゃきのじゅつ)」、その後は「地獄落とし」へ続きます。

石山本願寺の蓮如上人(れんにょしょうにん)の墓。ここに石山本願寺がありました。

003-10-22-457

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る