忍者のなぞ

No.005 2014-04-20

第5回 信長 秀吉 家康

前回のお話へ
次回のお話へ
 さて、忍者が大かつやくしたのは、戦国時代だと書きましたね。
我こそは、天下を取りたい、と各地の大将(たいしょう)たちは
戦っていましたから、敵のじょうほうを知りたがったのです。

その時代の有名な大将を3人、比べてみます。忍者は、その3人のもとで、どのように活躍したか、次号から書いて行きますから。

こんな句を知っているかな? 鳴かないほととぎす、という鳥がいたら、みんなならどうするかな、、。

「鳴かずんば 殺してしまおう ほととぎす」 織田信長・おだのぶなが
「鳴かずんば 鳴かしてみせよう ほととぎす」豊臣秀吉・とよとみひでよし
「鳴かずんば 鳴くまで待とう ほととぎす」 徳川家康・とくがわいえやす

この句は、3人の大将の性格をとても言い表しているようです。次号からの忍者のお話で、
(そうなんだあ)と納得するかも知れません。

鳴かなければ、殺してしまうよ ほととぎす」織田信長は怖い大将でしたから部下の失敗を許さなかったことが多くて、
こんな句が読まれてしまったのです。

それに比べて、足軽という低い身分から、天下を取った豊臣秀吉は、強い意志があったのでしょう。
鳴いてくれなくても、絶対、鳴かせて見せるよ」という大将でした。

小さい時から、敵側の今川家に人質にとられて暮らしていた徳川家康はとても、しんぼう強くて、それだけに
こんな句が作られたのでしょう。
鳴いてくれるまで、待っているよ

さて、この三人の大将のもとで、忍者はどのように活躍したでしょうか。010-09-23-456

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る