忍者のなぞ

No.004 2014-03-23

第4回 松尾芭蕉と伊賀上野

前回のお話へ
次回のお話へ

俳聖 松尾芭蕉(はいせい まつおばしょう)
 夏草や つわものどもが 夢の跡

 これは、松尾芭蕉が奥州(おうしゅう・東北)を旅したときに詠んだ(よんだ)俳句(はいく)です。

 東北地方は、京都の中央政府から見て、とても離れていたし、京都の朝廷(ちょうてい)に叛乱を起こすこともしばしばでした。
京都の政府の言うことはきかないよ。税金はおさめないよ。こちらはこちらで王国を築くよ、という考えがあったのでしょう。
平泉という所では奥州藤原氏の一族が黄金の寺院を建てたりもしていました。

牛若丸の源義経(みなもとよしつね)がお兄さんの、源頼朝(よりとも)ににらまれて逃げて来た時、藤原氏はかくまってあげたの
ですが、結局、源頼朝軍にほろぼされてしまいました。
(頼朝は、鎌倉幕府を開いた人で有名ですね。1192年です。いい国、作ろう鎌倉幕府、で1192はいいくに、と覚えましょうね)

芭蕉(ばしょう)がその戦乱の跡地に立った時、芭蕉には、戦さに勝って我こそは天下を取ろう夢見た古えの兵士たちの幻が
浮かんだのでした。何百年も前に兵士たちが華々しく戦った跡地には、夏草が寂しく茂っているばかりでした。

 お話がそれてしまいました。松尾芭蕉は「奥の細道」という紀行文をあらわしたのですが、それは40代から50代にかけて、、もう
その頃の時代では、老人と呼ばれてもおかしくない後年に入ってからでした。奥の細道は、なんと2400キロの記録、一日も休まず
歩き続けたとしても一日に15キロ歩いたことになるそうです。

(年取っていた芭蕉には不可能だ。いや、もし芭蕉が「忍者」だったら、それ位、出来るだろう。そもそも2400キロも旅して、ほんとに
俳句を詠むためだけの旅だったのかな。芭蕉は忍者の国、伊賀上野の出身じゃないか!!忍者だったんじゃないか!! )という説があるのです。

 今となっては、松尾芭蕉が本物の俳句の聖人だったのか、正体は忍者だったのか、わかりませんね。でも、すばらしい俳句
の数々を生んだ俳句の聖人であったことは間違いありません。

すね。


ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る