忍者のなぞ

No.002 2014-01-19

第2回 忍者はどこにいるの?

前回のお話へ
次回のお話へ

忍者の出身地

 忍者は「ニンジャ」として、現在は映画の王国、アメリカのハリウッドでも「日本の優秀(ゆうしゅう)で、かっこ良いスパイ」として
有名ですが、東北から九州まで日本の各地から育ちました。

伊賀流忍者(いがりゅう)
甲賀流忍者(こうかりゅう)
雑賀流忍者(さいかりゅう)
根来流忍者(ねごろりゅう)
服部流忍者(はっとりりゅう)
 30以上の流派(りゅうは・忍びの方法がそれぞれ違う)がありました。

 ですが、一番、有名なのは三重県の伊賀地方(いがちほう)の伊賀忍者や、滋賀県の甲賀地方(こうかちほう)の
甲賀忍者ですね。
 マンガに出てくる忍者はほとんど伊賀忍者や甲賀忍者ですが、忍者ハットリ君の服部忍者も、伊賀の近くから出ました。

 宗先生は行って見たのですが、伊賀と甲賀は以外と近くにありました。どちらも大阪や京都という、当時の日本の
政治経済の中心地に近かったことや、平坦な土地で、忍び、忍者の仕事がなかった時は、田んぼや畑を耕して、
のんびり暮らせた良い土壌(どじょう)があったからではないでしょうか。

 これから後は、忍者ともくされる、俳句の名人、松尾芭蕉(まつおばしょう)と大どろぼうの石川五右衛門(いしかわごえもん)
たちについて書いていきます。


ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る