忍者のなぞ

No.015 2016-10-1

第15回

天才的忍者 服部半蔵その2

前回のお話へ
 

  織田信長(おだのぶなが)を知っているかな。天正時代(1500年代)、織田信長は日本で一番、強い武将でしたが、
部下の明智光秀(あけちみつひで)に京都の本能寺(ほんのうじ)にいた時、突然、襲われて死んでしまいました。

今度は明智光秀が天下を治める時代になりましたから、織田信長と親しくしていた徳川家康は困ったことに
なりました。

その頃、大阪で市中を回って大阪の景気など見ていた家康は、光秀軍に見つかると殺されてしまいます。
家康の城は静岡県にあります。そこまで帰らなければ、大勢の家来(けらい)もいませんから襲われた大変です。

なんとかして、光秀軍に襲われないように静岡まで帰らねばなりません。
その時、忍者の上忍(忍者のトップの人たち)、服部半蔵が家康に言いました。
「まかせて下さい。大阪から静岡の城まで伊賀の山中を越えて行けば、
光秀軍に見つからないでしょう。伊賀と甲賀の忍者300名を集めて、無事に帰して上げます」
と言ってくれたのです。

かくて、徳川家康は無事に静岡県にある自分の城に帰ることが出来ました。
この時のことを「家康の伊賀越え」といいますが、この時、無事に家康が帰れたことは、後の時代に
大きなこうせきとなりました。

というのは、その家康がやがて天下を取り、徳川家の時代、江戸時代が始まり、
それまでは戦さばかりだった日本に、戦いの無い平和な時代が来たのですから。

この時以来、徳川家康が服部半蔵を大切にしたのはむろんです。

201511(23-1-1-alll468)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る