忍者のなぞ

No.014 2016-1-1

第14回

天才的忍者 服部半蔵

前回のお話へ
次回のお話へ
 

  さて、有名な忍者の里には伊賀と甲賀がある話は書きました。
その忍者たちにも位があり、
上忍(じょうにん)というのは、忍者組織のトップにいる人達でした。その部下が
中忍(ちゅうにん)で、中忍が実際の動きを下忍(げにん)に命令するのでしたね。

服部半蔵はその上忍の出身でしたから、忍びが上手だけではなく、
戦いの作戦能力にすぐれていました。

 忍者、ハットリ君のモデルである服部半蔵は小さな時から立派な忍者でした。
16才のときには初陣(ういじん)といって、初めての戦さに出ました。
この時、すでに部下が70名いました。
半蔵は、70名の配下(はいか・けらい)を引き連れて、戦さに行きましたが、
敵は自分の城の中にひきこもって出て来ません。
それでは、戦さになりません。

 半蔵は、風の吹く方向を見きわめて火をつけました。折りしも風は城に向かって
吹いていましたから、
飛んできた火が城の中に広がってしまった敵方は、大あわてで城の外に飛び
出しました。
その敵方に半蔵と配下の70人は飛びかかって行きました。この時、半蔵は鬼の
ように働いたのです。
半蔵の「鬼神ぶり・きじんぶり」は評判になりました。





201511(23-1-1-alll468)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る