忍者のなぞ

No.013 2015-11-10

第13回

忍者の変そう

前回のお話へ
次回のお話へ
 

  忍者はもちろん、いつも姿を隠していましたが、変装して堂々と敵の前に姿を出すこともありました。
陽忍(ようにん)です。つまり、太陽の下に姿をさらしだした忍び、忍者です。
虚無僧(こむそう)姿は多かったようです。深い編み笠をかぶりますから、顔がわかりません。
知らん振りして笛を吹いていれば怪しまれません。でも、その笛には刃物が仕込まれていたりしました。


寺男(てらおとこ)といってお寺の鐘付き男になったり、
薬屋さんに化けたりもしました。

寺男  江戸時代、宗門人別長というのがありました。
しゅうもんにんべつちょう、というのは、お寺にはその地域に住んでいる人の家族構成や、個人の顔かたちが記入された台帳がありました。寺男に化けた忍者は、それにより、敵がそのお寺のある地域に住んでるかどうかチェック出来ました。

薬屋さんは、毒の強い薬を持って歩いても怪しまれませんし、
昔は薬屋さんは訪問式になっていましたから、全国各地を回っても怪しまれませんでした。
敵方のふところに入るために、忍者はいろいろ工夫していたのです。


201511(23-1-1-alll468)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る