忍者のなぞ

No.012 2015-11-1

第12回

忍者の集団

前回のお話へ
次回のお話へ
 

 忍者の集団は全部で25流あるといわれていますが、とくに有名なのは伊賀流(いがりゅう)と甲賀流(こうがりゅう)ですね。

伊賀は三重県の山の中、甲賀は滋賀県の山の中の忍者集団を指しました。山の中だから、術をみがき修行をしやすかったのかな。

その忍者も、上忍、中忍、下忍に分かれていました。
上忍は忍者そしきの統一をする人達で、伊賀忍者の上忍には、服部、
百地(ももち)、藤林の三家がありました。

服部家は服部半蔵という有名な忍者の頭(かしら)を出しました。
「忍者、はっとりくん」はその服部半蔵からイメージされた忍者でしょう。

中忍は、上忍の部下であり、下忍の隊長でした。
下忍は、実際に忍びの術をして、敵方をかくらんさせる実行部隊の忍者です。

下忍には、百地家のけらい、有名な石川五右衛門という大泥棒であり、忍者だった下忍がいます。


201501101(22-12-15-alll466)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る