忍者のなぞ

No.011 2015-2-1

第11回

北条早雲(ほうじょうそううん)

小田原の北条家は五代続きましたが、初代が北条早雲でした。
忍者の風魔小太郎(ふうまこたろう)をじょうずに使った武将です。

前回のお話へ
 

小田原城をきずいた武将、北条早雲は情け深い城主でした。

領民(りょうみん・その地域に住んでいた町民や農民たち)はみんな、早雲を
したっていました。

その早雲がある時、とんでもないおふれを出しました。
「目の見えない人と、物乞い(ものごい・働かないで他人からお金や食べ物を
もらう人)はみんな捕まえて、海へしずめてしまう」というものです。

領民はびっくり。「あんなに情けの深い城主様がどうしたことか」
と思いながら、みんなは、そっと目の見えない人や、物乞いをかくまったり、
他の領地に逃がして上げたりしました。

実は、これは北条早雲のスパイ大作戦だったのです。

早雲は、物乞いに化けさせた忍者を他の領地に忍び込ませるために、
そういう作戦を取ったのです。物乞いさんだけを領地から他の領地に
追い出したのではうたがわれるので、目の見えない人も、
ということにしたのです。

実際には、目の見えない人も物乞いも、海になんか沈められた人は一人も
いなかったのです。

よその領地では、物乞いが入ってきても、北条早雲の領地から追い出されただけ
だと思い、忍者とは気がつきませんでした。


20150201(22-12-5-alll465)

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る