忍者のなぞ

No.1 2014-01-13

第1回 忍者

前回のお話へ
次回のお話へ
 忍者ってなにものか?
 さあ、忍者の出番です。忍者は、現代の言い方でいうと、スパイですね。敵(てき)の情報(じょうほう)をぬすんで、自分たちに
有利にするのです。

 きっと大昔から、人間が敵を作るようになった昔から存在したのでしょう。けれど、忍者が活躍したのは、なんといっても戦国時代です。
戦国時代は群雄割拠〈せんごくじだいはぐんゆうかっきょ)といって、強い武将がたくさん出て来ては、われこそ天下を取ろうと、戦さを続けていたのですが、敵の情報が少しでも多く得られれば勝つことが出来ます。

敵は、東から攻めて来るんだな。

敵は何百人の兵士だな。

敵の武器は鉄砲かな、やりかな。

それらが始めからわかっていたら、相手のうらをかいて(相手の作戦に勝つための作戦をねって)、勝つことが出来ます。そこで、
忍者の登場です。忍者は、しのび、とも呼ばれている理由がわかりますね。

 そっと忍んで行き、敵の情報を盗むのです。

これからしばらく、忍者の仲間や作戦や生活や、道具を紹介していきますね。

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る