心霊教室

No.009 2014-3-9
第9回  守護霊(しゅごれい)

前回のお話へ
次回のお話へ
  「ほん怖」の放送のあった時、宗せんせいは、「ぼくのしゅご霊はだれ?」
「私のしゅご霊はだれですか?」と出演していた子どもたちによく聞かれました。

 みんなしゅご霊が知りたいんですね。

 どうしてでしょう、、。それはしゅご霊は、(良いことをしてくれる)と感じているからでしょう。
 何をしてくれるのかな?

 しゅご霊は、あなたが事故(じこ)がおきそうな道を通ろうとしたとき、「ちょっと待て、こっちの道を通るのやめようよ」
なんて、感じさせてくれるんですね。

 インスピレーションといいましょうか、ひらめき、といいましょうか、、。しゅご霊はあなたを守るための良い知らせを
もたらせます。感じさせてくれるのです。それは良い
霊感(れいかん)、と呼ばれるものです。

 不思議(ふしぎ)なことに、悪い霊感(れいかん)はあまりはたらきかけてくれません。
たとえば、あなたのお父さん、お母さんが事故(じこ)にあって大きなけがをする、とか、
おじいさん、おばあさんが亡くなるお知らせなどの、身近な(みじかな)不幸のお知らせの霊感は強くありません。

 遠方にいても、親しい人や、肉親(にくしん)の死などを感じる、虫の知らせという霊感はありますが、それはむしろ、
相手の人のしゅご霊がはっする信号(しんごう)に近いようです。
「ヘルプミー」(私はもう、だめかも知れませんよ)、というお知らせの。

 悪い霊感があまりはたらなかない理由(りゆう)、それは、きっとしゅご霊の方でも、みんなを悲しませたくないから、
悪い事件(じけん)に関しては強い霊感をもたらせてくれないからではないかな。

 さて、しゅご霊は、たいがい三代か四代前までのごせんぞさまが多いようです。
宗せんせいは、まだ、1おく人の人のしゅご霊を見たわけでしゃないから、決め付けることは出来ませんが、
聖徳太子(しょうとくたいし)とか、ナイチンゲール、とかの、むかし、むかしの有名人がしゅご霊、ということはほとんど
ないと思います。

 だいたい100年前から150年前までの人ではないでしょうか。ほとんどが100年以内の近い先祖(せんぞ)です。
ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん、たまに、そのお父さん、お母さんまでです。

 ひいおじいちゃんやひいおばあちゃん位までは写真が残っている人が多いのではないですか? 
あなたの家の古いアルバムを見たら、守ってくれてる人がわかるかも知れませんよ。

 次回は背後霊(はいごれい)について。
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る