心霊教室

No.007 2014-02-23

第007回 「霊」は何してくれるの?

前回のお話へ
次回のお話へ

 先日、宗せんせいはそうだんのしごとで、長野に行きました。
そこには、小学二年生になったばかりのAくんがいました。

Aくんは、「ほんとにあった怖い話」のテレビが大すきで、いつも見てくれていたそうです。

Aくんが見ていてくれたころは、Aくんはまだ小学一年生なのに、宗せんせいはびっくりしました。
(こわくなかったかな?ドラマや先生たちのせつめいがわかったかな?)と。

さて、そのAくんに聞かれたことをここに書きます。

「せんせい、良い霊は何をしてくれるの?」
宗せんせいはこたえました。
「あなたが青信号でおうだんほどうをわたろうとしているのに、車がブレーキをふまないで走ってきそうだったら、
あなたのかたをぐいっと引いて行かせないようにしてくれるのよ。」

「ええっ、霊が手を出すの?」
「そうじゃないの。あなたがきゅうに、かたが重くなったり、かゆくなったりして、
思わず、立ちどまってしまうの。それで、車の方に行かないですむのよ。」

「ふーん、じゃあ、わるい霊は何をするの?」
「赤しんごうで、まっている時、どうろの向こうに、友だちが見えたりして、
あなたはとび出してしまう、、。ほんとうは友だちなんかいないのに、いるように見させるの。」
「うわっー、こわい」
「でしょう?」

けれど、ふつうにくらしている子供に、わるい霊がつくことは、ぜんぜんといっていいくらいに、ありません。

大人になって、いろいろな人と付き合うようになったり、
大人のきょうそうのせかいで自分もわるいことをかんがえたり、
あるいは、弱い心になった時などに、まれに悪いれいにとりつかれるだけです。



                         ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る