心霊教室

No.005 2014-02-09

第5回 野辺の送り

前回のお話へ
次回のお話へ
野辺の送りってなあに?

家族や、しんるいの人が亡くなって、おそう式に参加したことありますか?
おそう式をした後、人間はれいこん(たましい)になって、もう一つの世界に上って行きます。

現代は、遺体(いたい・亡くなった体)を火の中に入れて灰((はい)にしますが、
昔は、そのまま土の中にうめました。
雨風にあたり、くさり、遺体はやがてくちはてて、土にまざるので、「肉体は土にかえる」と言いました。

でも、遺体をそのままうめるので、
「ひやっー、生き返って、お化けになって出てくるんじゃないの??」
なんて、おそろしい考えがうかんだりもしたんです。

また、おそう式には身内の人たちが行列を組んで歩き、遺骨(いこつ・亡くなって骨だけになったもの)
を海辺の丘や山すそのおはかにうめに行ったりもしました。

おそう式を野辺の送り(のべのおくり)と呼んだのは、そういうしゅうかんからでしょう。


   
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る