心霊教室

No.003 2014-01-19

第3回 イジメと地獄

前回のお話へ
次回のお話へ
イジメた僕は地獄に行くの?                          
そう、よく、このしつもんをうけます。

そのたび、宗せんせいは感じます。
友だちをいじめちゃったことで、この子もつらい思いをしているんだな、、って。
むずかしい言葉でいえば、両方とも、心が傷ついてしまったんだな、と。

いじめをしたら、かならずしも地獄に行く、とはかぎりません。
そしたら地獄マンションはすぐにまんいんになってしまいます。

人間はかんぺきではありません。大人になってもいじめをする人はたくさんいます。

いじめのげんいんは、ねたみ(あの人がうらやましい、にくらしい)や、
さびしくてつまらなくて、ついつい、だれかに当たってしまう、などですね。

たとえば、自分より勉強ができる人、仕事ができる人がうらやましい、
スポーツがとくいな人がうらやましい、クラスの人気者がにくらしい、
お金持ちだからにくらしい、お父さん、お母さん、まわりの人が私をかまってくれない、
いらいらした、だから、いじめをした、など。


かんじんな事は、いじめたい心をおさえられる人になって行く事です。
イジメられっこは、いじめに負けない心を育てていく事です。

 

さて、心霊せんせいの立場からお話すると
いじめをすると、相手に少しくらいは、うらまれてしまいます。
すると、相手から良くないエネルギーが飛んで来ます。


するとあなたは元気も無くなる、せいせきも落ちてしまうかも、、。

そんなのいやだぁ、と思ったら、がまんしていじめの心をおさえようね。

そして、なぜか、いつも、いじめられちゃう人は、大人になってもいじめはありそうだから、
負けるもんか、とファイトをつけよう。
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る