心霊教室

No.002 2014-01-19

第2回 霊界(れいかい)

前回のお話へ
次回のお話へ
霊界はどこにあるの。大好きだったおじいちゃんに会いたい

お答えしますね。

 実は霊界(れいかい)は耳の下、1センチのところにもう存在している、と心霊科学では言われています。
天体にあるわけじゃないのよ。

「うそっ!」、と思うかも知れないけど、、
魂(たましい)は、「遺伝子(いでんし)」と同じような大きさだからね。

君が背が高いとか、スポーツがとくいとか、
その人間のじょうほうがいっぱいつまったものが「遺伝子」で、
人間のからだには数多くそんざいします。横にならべると月まで行けるらしいよ。
そんな小さな遺伝子と同じ位小さな魂。

じゃあ、なぜ、お化けを見た人は、ふつうの大きさや、ふつうの服そうなの?

それはね。
生きている人間が、飛んで来た魂(たましい)のじょうほうを、心で読んでしまい、
その魂(たましい)に洋服を着せたり、髪の形をととのえさせたりするからなの。

そんな小さな霊魂(れいこん)の集まりだから、耳下1センチのところにあっても、
ふしぎじゃないのです。

「大好きだったやさしいおじいちゃん、死んじゃったよ・・・」と、なげく前に、目をつぶってごらんなさい。
目をつぶった君のまぶたに現われるかも知れないよ。


遠くて近い、近くて遠いのが霊界(れいかい)です。
かんたんには行けないけど、あんがい、近くに感じることはできるはずなんだけど。


ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る