心霊教室

No.19 2015-6-1

第19回 仏は常にいませども

前回のお話へ

 1100年代の後白河法皇(ごしらかわほうおう)さまは、
町にはやっている歌が大好きでした。

めずらしい歌を聞くと、やもたてもたまらなくなって
歌っているものたちが、身分の低い者(よごれたふくそうをしていたりしてい
る人)でも御所(ごしょ)におよびになって、その歌を歌わせたものです。

楽しげに遊んでいる子供たちを歌ったうたには、こんな歌も。

「遊びをせんとや生まれけん、たわむれせんとや生まれけん、、」

そして、こんなたいせつな歌もありました。

「仏はつねにいませども うつつならぬど あはれなる
  人の音せぬあかつきに ほのかに夢に見えたまう」

仏さまは、いつもあなたのみじかにおいでになります。
でも、姿をあらわそうとなさらない。それがおくゆかしいですね。
みんながねていて、しーん、となった明け方などに、
あなたの夢にそっとあらわれたりするんですよ。

というようないみでしょう。「あはれ」というのは、
げんだいの「あわれだなあ」などといういみとはちがいます。
おくゆかしい、とかつつしみぶかい、とか、ゆうがだなあ、のいみです。

後白河法皇さまがあつめられた町の歌は、
梁塵秘抄(りょうじんひしょう)という本にへんしゅうされました。
でも、年月がへて、その本のだいぶぶんの章はふんしつしてしまったようです。
ざんねんですね。


041002-24-89
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る