心霊教室

No.18 2015-6-1

第18回 いじめと幻影(げんえい)

前回のお話へ
次回のお話へ

 ある男の子は、お父さんがいなくて、お母さんがはたらきに行っていたので、
小さな弟のめんどうを見ていたからあまり学校に行けませんでした。
たまに行くと、男の子は、いじめられました。そして、ある日、とうとう、自殺(じさつ)してしまいました。

いじめた子は、とてもくるしみ、いつも、その男の子が、そこにいるかのように、
幻影(げんえい)を感じてふるえていました。
良心のかしゃく、、、いじめっ子の心がいたんで、
その男の子のそんざいを感じるようになってしまったのです。

「先生、男の子のゆうれいが出るんだよ。うらんでいるんだ。ぼくはこわくてたまらない。」
「ちがうのよ」、宗せんせいがいくら言って上げても、いじめっ子はなっとくしませんでした。
 
もちろん、亡くなった男の子のお母さんも、弟も困って(こまって)います。それどころか、お母さんは、
(私が悪かったわ。あの子にばかり弟のめんどうを見させて、、)と自分をせめ、また悲しんでいます。
お母さんとわかれて行ったお父さんもこうかいで、うなだれています。

学校の先生も、しょうげきを受けてしまいました。
(私はせんせいとしてやって行ける自信がなくなってしまったわ・・・・)と。

死んでしまった男の子の、まわりのだれ一人、しあわせではありません。

さて、じさつした人は、神さまから与えられた生命を自分でちぢめて天国に行こうとしたわけです。
神さまは、(おまえは、まだ天国に席がないのだよ)、と言い、
じさつした人にもう一度、地球で修行(しゅぎょう)するようにめいれいします。

すがたなく、かげもない、とうめい人間になって、
生きていた時にちかくにいた人のようすを見させられます。
お母さんに名前を呼ばれるたびに、つらくなります。
「母さん、ぼく、ここにいるよ」とさけんでも、お母さんには聞こえません。

みんなが思い出すたびに、そのそばに行くのですが、なにもできません。
もどかしくて、たまらないけど、体はもうないので、感じてもらうしかありません。

そうして、長い年月がたって、みんながやっと思い出さなくなったころ、
神さまから天国のいすを与えられるのです。
 
(なあーんだ。それじゃ生きていて年をとったのと同じじゃないか、、)
そうなんです。じさつというのは、そういうことなのです。
(死んで、らくになる)なんてこと、ないのです。

生きていることって大切なことです。
ぜったい、楽しくて良い日が来るよ。
長ーく生きて来た(おばあさんってことだね!?)宗先生が言うのだから、
まちがいなし!!
040624-14-46
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る