心霊教室

No.17 2015-03-1

第17回 悲劇と予知、アメリカ

前回のお話へ
次回のお話へ

 2001年9月11日のアメリカの悲劇(ひげき)を知っていますか。アメリカのマンハッタンで二つの大きなビルが
飛んできた飛行機にあてられて、とうかいしたのでした。夢にも思わない出来事でした。ところが、
それを予知(よち)した人々もたくさんいた、のですから、びっくりです。

 みなさんは、オオカミ少年(おおかみしょうねん)の話をごぞんじですか?

昔、ヨーロッパの地方の村々では、山からオオカミが下りてきて、田畑を荒らしたり、
家畜(かちく)を食べてしまったり、人々をおそってきたりすることは、たいへんな猛威(もうい・たいへん恐ろしいこと)でした。

さて、ある村の少年は、きっと心がさびしくて、村人たちのちゅうもくをあびたかったのでしょう。
「オオカミが来たぞー」とさわいでは、村人をあわてさせました。
でもウソだったのです。なんども、少年は、そう叫んで、村々をかけずりまわりました。

そのたび、村人は、きょうふにおののきながら、おのなどを持ってオオカミにちょうせんしようとしたり、
家々の戸をしめて中でかたまってふるえていました。

だまされた村人たちはカンカンです。
それからは、少年が「オオカミが来たぞー、みんなで逃げ出そう」とさけんでも、
だれも聞こうとはしませんでした。

ある日、少年はまた、「オオカミが来たぞー」とさけびました。
でも、みんな、「また、ウソだろう」と思い、知らんふりしていました。

けれど、その日はほんとうにオオカミが来たのでした。
不用意にしていた村はぜんめつしてしまいました。

さて、ニューヨークシティ、マンハッタンのテロによるひげきを予知していたアメリカ人も
少なくなからずいたのです。
でも神ならぬ身の人間には、自分の予知があっているか、ちがっているかかくしんが持てません。

もし、誰かが、どこかのマスコミで、「テロがありますよ!」などと発表してしまって、
それが万一、そうでなかったら、その人は世界中の笑い者になってしまいます。
「おおうそつきのオオカミ少年め!」とけいべつされてしまいます。
テロをさけるためにされるじゅんびも、大変なものでしょう。それもムダになります。

けれど、テロは実行されてしまいました。彼らの霊感?超能力はほんものだったのです。

人間の持つ霊能力や超能力のあやうさ、と力、、、。どこで真実を知ったら良いのでしょうね。
その真実の回路(ほんとうのことが予知されている、という道すじ、りろん)がかいめいされる日は、
はたしてやって来るのでしょうか・・・・科学の発展が待たれますね。


                      0270301(00400720-17   

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る