心霊教室

No.16 2015-02-1

第16回 心霊写真と念写

前回のお話へ
次回のお話へ
 宗先生は、心霊写真をとります、というか、とれてしまいます。

不思議(ふしぎ)だな、といつも思っていました。  他の人がとっても、ただのかげや光なのに、宗先生がとると

そのかげや光が、 ちゃんと人の顔や動物の形をとっているからです。  それで、宗先生がとった写真を見た人が、

「あっ、老人だわ、わんこだわ、に ゃんこかも、、」などと言ってくれるのです。  

 そんなあるとき、キンキキッズの堂本君が司会をするテレビ番組に出ました。 テーマ(話し合いのきほんになるもの)は、

心霊写真について、でした。  

いながわじゅんじさんという人を知っていますか?心霊の怖い話を上手になさ る、面白くて楽しいおじさんの心霊解説者

(かいせつしゃ)です。とても有名な人 ですね。  

彼が言いました。「霊能者が心霊写真をとれるというのは、ぼくは念写ではな いかなあ、と思いますよ」  

 その言葉に宗先生もやっと、どうして宗先生は心霊写真がとれるのか、なっとく 出来たのでした。このことばは、

放送では流れませんでした。  念写というのは、念の力、つまり、強いいしきで、先方に像を写し出すことです。  

日本で始めて念写のことを言い出したのは、東京大学の福来友吉(ふくらい ともきち)先生でした。  先生は、

当時の有名な霊能者(超能力者ちょうのうりょくしゃ)であった長尾郁 子(ながおいくこ)さんという女性に、紙に

書いた文字を念じることでフィルムに写 す実験(じっけん)をして成功させたのでした。  その後、今度は、

三田光一(みたこういち)という超能力者が、月のうらがわを 念写で写真にとりました。

 月にロケットが飛んでいく、などということが無かった 昔でしたから、誰も月のうらがわを知りませんでした。  

けれど、三田光一の月のうらがわの写真は、現在、わかっている月のうらがわ に良く似ているのです!!

 すごいですね。

けれど、どんなりっぱな実験(じっけん)にも、「インチキだ」と批判 する人はいて、ある時の実験は、大批判され

、福来博士は東大の先生をやめなけ ればなりませんでした。  すべてがインチキということは無いと思いますから、

どこかで手ちがいがあったの かも知れません。  宗先生は、心霊写真はとることがあるけど、長尾さんや、三田さんの

ようにみご とな写真は取れません!残念(ざんねん)。  

                      0270201(00400801-18-all63   

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る