心霊教室

No.015 2014-08-27

第15回 七難七苦 山中鹿之助

前回のお話へ
次回のお話へ
 どの子のお母さんでも、子育ての祈りは同じだと思います。
男の子はもちろん、女の子にも、世の中の悪に負けない、つらい時期や、悲しい出来事に負けない強い子に
育って欲しい。

山中鹿之助のお母さんも我が子を強い子に育てたくて一生けんめいでした。

鹿之助(しかのすけ)は、立派な大人になりました。
彼は三日月に祈りました。
「私に七難七苦(しちなんしちく)をお与え下さい」

(七回の困難な出来事や苦しい試練を与えて下さい。私は耐えて、乗り越えて行きます。)という意味です。

鹿之助(しかのすけ)は、つかえていた尼子家(あまこけ)がほろんでしまったけど、盛り返すためにあらゆる
努力をしました。

その時の楽しい(苦しい?エピソードを一つ)

敵につかまった鹿之助は、見張り番をあざむくために、自分の足のまたを歯で食いちぎり、血をだらだら出し、
見張り番に言いました。
「げりだー。便所に行きたい」

鹿之助が何度も、便所行きをせがむものですから、見張り番は、めんどうになり、便所に入れたまま、あくびして
いました。

まさか、ぼっとんトイレのおわいが一杯のカメに、鹿之助がもぐって、うんちなどを取る汲み取り口から逃げ出す
なんて、思わなかったのです!!
その時、みごとに逃げ出して、一度は敵に勝ちました。

でも、とうとう、鹿之助も討たれてしまったのです。短い一生でした。
英雄はいつの世もはかないのですね。

でも、彼の強さは真似をしたいものです。

              こちらは鳥取県のお墓

                      0260827(0200115-41-all204)   

戦争はいやですね!!
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る