心霊教室

No.014 2014-07-15

第14回 戦争は嫌だ おきなわ

前回のお話へ
次回のお話へ
戦争は嫌だ

 昭和20年の8月6日は広島に原爆(げんばく)が落ちた日です。原爆はぴかっ、と光ってポーンと落ちただけで
町中を焼き尽くす力を持っていました。
8月15日に戦争が終わったのですがそのたった10日前に落とされた原爆で今も傷跡に苦しんでいる人々がいます。

こんなてっきんのがんじょうなビルさえ、いっしゅんのうちにこうなりました。



日本の南の島、沖縄(おきなわ)にも米兵(アメリカ兵)は上陸しました。人々はにげまどい、
ついに、こんな断崖絶壁(だんがいぜっぺき)にたどりつきました。

沖縄の人々は(もはや、これまで)と思い、ついに断崖絶壁からつぎつぎと飛び降りたて
死んでいったのです。

哀しい岬です。沖縄の喜屋武岬(きやんみさき)です。



平和を願う平和の塔が立っています。

戦争はいやですね!!
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る