心霊教室

No.013 2014-5-18
第13回  幽霊(ゆうれい)

前回のお話へ
次回のお話へ
江戸時代(えどじだい)のことです。

大工さんの松きちさんと、杉ぞうさんが、道具箱(どうぐばこ)を肩(かた)にかついで、
おっちらよっちら、川べりにやって来ました。夏のすずしい風が吹いて、川べりのやなぎの木が
ゆさゆさ、とゆれていました。あたりは夕やみにつつまれ、川べりの水は汚(よご)れていました。

その時です。ぼわっー、と、とうめいのきりじょうのものが、うかび上がりました。
それは人のすがたのようでした。で、でも、足が見えません!!

「うえっー」二人はびっくりぎょうてんです。

それは、着物を着た、髪の長い、ほっそりした女性のすがたのようでした。
その女性は病人のようだけど、美しい女性、と、とっさに二人はえがいてしまいました。
でも、(ゆうれい、、、)
「わおっー」二人は動物みたいなさけび声を上げて、川べりから逃げ去りました。

二人が住む長屋(ながや、一つのやねの下に、小さなすまいが長くつづいてならんでいるじゅうたく)は、
お化けが出る川べりのうわさでもちきりになりました。

現代のことです。
 
小学生のさぶちゃんと、ゆかちゃんが夕方の墓地(ぼち、おはかのたくさんあるところ)を
通りかかりました。じゅくに行く近道なのです。

墓地の中には、いま、いけたばかりのような新しい花が入っているはか石もあったし、
ずいぶん前に、おはかまいりに来ただけなのか、花いけに、かれた花が入っているはか石もありました。
花いけの中の水は、汚く(きたなく)にごっています。

その時です、二人が前を通ると、ぼわっーと、人型が、けむりのように立ちました。

「うわっー!」二人は、おどろいて、カバンを投げ出してにげました。はか石のならんだぼち。
場所が場所なだけに、ゆうれい、としか考えられませんでした!!

さぶちゃんとゆかちゃんは、その後、クラスメートとそのぼちに来て、
カバンをひろって帰りましたが、うわさは広がりました。

さて、じつは二つのじけんは、ゆうれいによるものではありません。
汚い水、よどんだ水の中にはぼうふらがわきます。
ぼうふらは汚い水の中が過ごしやすいのでしょう。そこで赤ちゃんをうみます。
 
赤ちゃんは成長(せいちょう)して、ゆすりか、という蚊(か)になります。
人が近よると、ゆすりかのたくさんの赤ちゃんは、ゆうれいのようにいっせいに立ち上がるのです。
それがゆうれいに見えた、というわけです。

このように、ゆうれいのお話には、かんちがいもあるようですよ。
また、松きちさんたちが美しい女性と見えたのは、自分でとっさにそうぞうしてしまったのね。

13-39-0040611

ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る