心霊教室

No.012 2014-4-6
第12回  金縛り(かなしばり)

前回のお話へ
次回のお話へ
みんなさあ、ねていて、とつぜん、からだが動かなくなってかたまった
けいけんない?
 おきていても、暗いところや、ぼちなどに行ったとき、とつぜん、体が
動かなくなったりすることがある。

 それを金しばり(かなしばり)にあった、というのだけど、、かたいきんぞく
なとでしばられた、あるいはおさえつけられたみたいになることなのね。

 これは霊(れい)が近よって来た時などに、しゅういの空気が変わる、別
世界(あの世の人たちの世界といったらわかるかな)になってしまった時に
起こるげんしょうのようです。

 だから、霊感(れいかん)のある人におこりやすいし、また、おじいさんやお
ばあさんのおそうしきや、法事(その人がなくなった記念日にみんなで集ま
ってくようする日)の日などにもおこりやすいですね。
 死者がかんけいしているのです。

 ただし、とても体がつかれているとき、お昼ねなどしていて、そろそろ起きな
くちゃと頭は考えるのに、体がぴくともしない時があります。
 それは、頭ののうが、体をいたわって、おこしてくれない、おきるようにきん
にくに命令してくれない時ですが、それも金しばりとごかいされてる場合があ
ります。

 ともかく、死者が来たらしい(寒気がするからわかります)金しばりにあったら、
なんでも良いから、おきょうをとなえよう。口でぶつぶつで良いですよ。
 なんまいだ
 なんみょうほうれんげきょう
 アーメン

 どれでをつかっても良いよ。

  
。              
              
9-27-0040515
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る