心霊教室

No.1 2014-01-01

第1回 霊感

前回のお話へ
次回のお話へ
霊感があれば勉強しなくてもよいのかな?

  宗せんせいが子どもの頃、お正月に友だちからこんな、ねんがじょうをもらいました。

 そこには「あなたは良いわね。いつも、テストのはんいがわかっているじゃない。私、うらやましいわ」と書いてありました。

 宗せんせいは自分では気がつかなかったけど、テストのはんいを友だちに話していたのですね。

 では、宗せんせいは、いつも学校でせいせきが一番だったでしょうか?
 ざんねんながら、せいせきはあまり良くありませんでした。

 勉強する、どりょくする、という事がにがてだったからです。学校の先生の話をよく聞かなくても、みんなより多く、りかい
 できた宗せんせいは、ぎゃくに、教科書で一生けんめい、勉強するどりょくをしませんでした。

 テストに出るはんいがわかっても、そこを勉強しないのでは何にもならないのです。おかげで、宗せんせいは入りたかった
 大学には一つも入れませんでした。

  大人になって、もう一度、大学に入りなおすために勉強した時、テストのはんいを知りたい、と考えたとき、そのはんいが
 どこなのか、あたまに浮かんで来ませんでした。いしきすると、よくばると、霊感は働かない。ダメなんですね、きっと。

  おかげで宗せんせいは、みんなのお母さんより年上のおばさんになってから、勉強をしなおさなければなりませんでした
 そして、おばあさんになってから、大学も大学院も卒業出来ました。

 どりょくが一番だぁ、今、宗せんせいはそう感じています。
 霊感は、みんなや、みんなのお父さん、お母さんも持っているように、危険をさっちするためにたけ働いてくれれば、ばんざい
 なのでないでしょうか。
    
ほんとにあった怖い話トップに戻る

このページの先頭に戻る